レヴォーグA型のバッテリーがあがってしまった!高価格ながら交換になってしまった話

タイトルの通りなんですけど、愛車レヴォーグのバッテリーがあがってしまいました。




初めての車検を通したばっかりでバッテリーあがり



レヴォーグを購入して3年が経ち、ついに初めての車検です。私はスバルの点検パックに入ってますので、車検に関する費用は税金関係のみで、整備にかかる料金はパックで賄えるのです。


で、何もなくホクホクで車検を通したわけです。もちろん、バッテリーにもなんら問題なし。しかし…。







ある日、車を運転しようと駐車場に向かい、ドアを開けようとノブに手を通しました。通常、レヴォーグはノブに手を通すと鍵がアンロックされるわけですが、うんともすんとも言わない。


これは、もしかして、スマートキーの電池が切れちゃったかな?と思い、とりあえずスマートキーから物理キーを取り出し、鍵を開けてレヴォーグの中に入りました。


余談ですが、スマートキーの中に物理キーが入ってるって知ってました?



このスマートキーの裏にある銀色のポッチを押しながら、お尻の部分を引っ張ると引き抜けます。



家の鍵と同じように、物理キーとして車の施錠が可能です。


話を戻しますが、この物理キーをつかって車の中に入ったわけです。が、どうも様子がおかしい。というのも、ドアを開ければドアが開いているマークがメータオの近くで点灯するはずなのに、それが全くない。


それどころか、ドアを開ければ車内のライトが点くはすなのに、それも点いていない。電気系統が全く点かないということは、バッテリーしかないな、という結論でした。


最終確認として、スマートキーをエンジンスターターにくっ付けてボタンを押してみましたがうんともすんとも言わず。電池切れのスマートキーでエンジンを始動させるやり方ですが、これも全く反応しませんでした。


一応ディーラーに電話し、上記の内容を説明しました。やはり最初はスマートキーの電池切れを疑われましたが、最終的にバッテリーあがりが濃厚だろうという結論にお互い達しました。


駆けつけてくれないスバルのディーラーさん



多少期待してはいたのですが、残念ながらというかやはりというか、ディーラーさんはこういう時に来てはくれません。まぁ、事故なんかが起きるたびに営業さんが対応していたらいくら体があっても足りませんからね。


ですから、こういうときは保険を使用するとこになります。


私が入っているスバルの保険は、レヴォーグのようなアイサイト搭載車にめちゃくちゃ有利な保険でして、一番のセールスポイントはレッカーの移動距離が無制限というところです。…まぁ、いまのところお世話になったことはないのですが。




この保険ですね。で、レッカーもさることながら、多少の故障ならば素早く対応してくれるのです。スバルで入っているので、連携も取れているのがいいです。


兎にも角にも、このロードサービスを利用し、見ていただいたところ、案の定バッテリあがりでした。原因は、車内の後部座席と前の席の間にある上のライトが点いていたことです。


正直後部座席に人も載せてないし、私も普通は点けない場所だったので解せないんですけども、エンジンがついた時にそこが点灯していたので間違いないでしょう。しかし、本当に解せないっス…。


アイドリングストップ車のバッテリーは高い!



ディーラーに持っていき、点検をしてもらったところ、バッテリー以外に特に問題はないとのこと。そして、サービススタッフに言われた衝撃的な一言。


「バッテリーは交換したほうがいいです」


なんとか、車検の時にバッテリー交換切り抜けたのに…。前回、レヴォーグのタイヤをパンクしてしまったことは記事にしましたが、かなり痛い出費です。車に関してはほんと、最近ついてないなーという感じ。


「26,000円になります」


めちゃくちゃ高いっ!マジか…。


なんでも、アイドリングストップ車に搭載しているバッテリーというのは結構特殊なもので、アイドリングストップから復帰をさせるために電源を使用するため、かなりいいやつにしているみたいなんですね。


で、これが充電されているうちはいいのですが、一度でもバッテリー上がりを経験してしまうと、70パーセントくらいまでしか能力が戻らないらしいのです。


私も詳しい理屈はわからないのですが、放電してしまうとバッテリー内に不純物がドバッと出てしまい、それが100%の力を出すのを阻害してしまうのだとか。


身に覚えがない上に、衝撃の事実なバッテリー構造。世知辛いことこの上ないですね。


レヴォーグの2Lだと、アイドリングストップがないのでこんなことにはならなかったのかもしれませんねぇ。まぁ初期投資が違いすぎますが。


新品のバッテリーでも、放電してしまうと元には戻らないらしいので、マジで注意しましょう。





まとめ



レヴォーグ1.6Lのアイドリングストップ車は、バッテリー上がり厳禁です!車を降りて、一週間運転しないよーなんて時は、きちんと電気が消えているか注意しましょう…。


70%の性能しかないバッテリーって、本当にすぐエンストすると思います。iPhoneで30%劣化したバッテリーを使用していると思ってください。すぐに充電切れるでしょ?あんな感じのイメージです。


はぁ世知辛い…。


(2018.6.20追記)
レヴォーグでバッテリーあがってしまって交換したというのは結構他のブログでも書かれていて、高価格でのディーラーからの提示から自分で取り替えた、という人も多数いるみたいです。

38,000円っていう見積もりの人もいたりして、めちゃくちゃ高いなという感じですね。

この記事が格安でバッテリーを交換していて参考になりそうです。


バッテリーの種類に関してはこの方の記事が参考になります。実はレヴォーグ購入当初から密かにずっと読んでるブログです(笑)。いいなぁ、レヴォーグトレイン。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しております。 ぽちっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 アウトドアブログへ


0 件のコメント :

コメントを投稿