SRS-X5のACアダプタ修理を依頼も拒否られる

どうもtaroです。SONYの bluetoothスピーカーSRS-X5を使用しています。




SRS-X5はSONYのBluetoothスピーカー


2014年10月に我が家に来たのが、SONYのSRS-X5です。






当時の私はスピーカーを無線化する手段を模索していまして、SRS-X5を購入する前はDENONのアンプにappleTVをHDMIで接続し、airplayで音楽を飛ばして聞いたりしていたわけです。

しかし、とある事情でDENONのアンプを処分(同棲するときに、ね…)しまして、無線で飛ばすことが出来なくなっていたわけです。で、当時どうやら最近Bluetoothもなかなかやるらしいぜ?なんて噂になっていたもんで、調べ始めたところBoseのsoundlinkかsonyのSRS-X5か?みたいなところに行き着き、最終的にこっちを選んだんですね。

どういう理由でSONYにしたのかすでに忘れましたけども(当時はBlogもやってなかったし)、かれこれ4年近く使っているので愛着もあったのですが…。

ACアダプターが猫に食いちぎられる




最近の我が家のネコちゃんは、成猫にもかかわらず噛み癖が発病しまして、いたるところのケーブルを噛みちぎりまくっているんですね。

このケーブルは机の裏側を伝っていたので大丈夫だろうと思っていたのですが、いつのまにかやられていました…。感電しなくて良かったですけどね。

ACアダプターを修理に出そうとしたところ断られる

SRS-X5はすでに販売終了しており、流通しているのは在庫のみという状態。一応SONYのサイトで見てみると、修理は受け付けている模様。

しかし、本体ではないので、ACアダプターも修理できるのかな?と思って電話してみたのですが、

「ACアダプターは修理できないので、新しい物を購入してください」

という回答でした。まぁ正直覚悟はしていたのですが、やっぱりそうなのね、といった感じです。というのも、アマゾンでSRS-X5を検索するとACアダプターが出てくるのですが、純正で8,400円くらいするんですよ。

本体2万くらいだったので、約半額…。今の価値を考えたら、本体以上の価値と言えるでしょう。

SONYの公式から購入したとしても、6,800円とのこと。送料別らしいので、ビックカメラとかで取り寄せた方が安いですよ、なんてアドバイスまでくれました。とほほ。

まとめ

というわけで、ACアダプターを購入するのは見送ってます。しかし、充電ができないとすると、このスピーカーはただの重しにしかならず、一体どうしたものやらと思案中。

結局新しいスピーカー買うしかないのかなぁ、あー出費がかさむ…。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しております。 ぽちっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 アウトドアブログへ


0 件のコメント :

コメントを投稿