BEFiNE MacBook Pro13インチ液晶保護フィルム(Touch Bar対応)を購入しました

Macbook Pro2016 13インチにもディスプレイカバー付けました。





BEFINEのMacbookPro13インチ用液晶保護フィルムを購入


12月にMacbookPro13インチを購入してから、ようやく液晶保護フィルムを購入牛ました。



後ろのモニターは24インチディスプレイなので、いかにこのパッケージがでかかったかがわかるかと思います(笑)

我が家では猫を飼っている都合上、また、奥さんがスマホに順応しすぎのため画面にガンガンダッチしてしまう都合上、どうしても液晶保護フィルムが必要でした。ちなみに、この外部ディスプレイもタッチ非対応ですが、ガンガンタッチしてまして、いつか壊れるんじゃないかとビクビクしてます。

とはいえ、Retinaの美しい光彩美を阻害したくはないので、クリアなフィルムにしてみました。一応、ガラスフィルムではないですが、突かれたくらいじゃ大丈夫、なはずです。わかりませんが。


ぱかっと開けると、フィルムとクロスとセロハン、スクイージーが入ってます。


説明は英語と韓国語です。正直読めません(笑)


クロスの使い方くらいは、まぁ、わかりますよね…。


こちらがフィルムです。

なんとなく使い方はわかるかと思いますが、クロスで液晶を拭いて埃を除去し、フィルムの緑のテープ部分を持ってめくりながら、液晶に貼り付けていくって感じです。埃が入るのが嫌だったので、作業風景を撮らずにさっさと完成させてしまいました。すいません(笑)


一応こんな感じですね。

左手でフィルムを持って、右手でカメラを持って超大変でした。スクイージーとセロハンは使いませんでしたね。冬は加湿器炊いて多少湿気を出してから埃が立たないように作業したほうがいいでしょう。


反射が少し強くなった気もしますが、画面の綺麗さは損なわれませんでした。良かった良かった。


わかりづらいですが、左上に多少気泡が入ってしまってます。

一応説明では、数日でなくなるとのことですが、1日経った現在もまだ気泡は同じくらいの大きさで残ったままです。本当になくなるのかな…。

まとめ


安い割には結構綺麗に貼ることができましたし、説明が英語と韓国語だった以外は不便は感じませんでした。ただ、説明書のイラストがボディに貼るタイプだったので、間違えてボディカバーのフィルムを買っちゃったかな!?と多少焦りましたね。アマゾンで見てると、ボディのフィルム同梱の商品も売られているみたいなので、そのせいもあるのかな。

気泡がだんだん抜けます、という謳い文句は、まぁ話半分・抜けたらラッキーくらいに思って、きちんと丁寧に貼ることをお勧めします。日本向け出荷品には、フィルムを貼ってくれるサービスを追加したらAppleは儲かるんじゃないかなぁなんて思いましたとさ。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しております。 ぽちっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 アウトドアブログへ


0 件のコメント :

コメントを投稿