飛行機 BOSE QuietComfort20i ノイズキャンセリング

先日ラスベガスに旅行に行ってきました。

もちろん飛行機に乗って行ったんですけど、ようやくあいつの性能を試す機会が来たと武者震いしましたね。飛行機怖いからかもしれませんけど。

BOSE QuietComfort20i
日常では大活躍中
そうBOSEのQuietComfort20iのことです。

買った時の記事はこちら。





私は普段、通勤中にラジオを聴いているのですが、その際にBOSE QuietComfort20iを使用しています。私の通勤は電車がメインですので、かなり生活ノイズが激しい環境で使用していますが、こちらのQuietComfort20iはそれを皆無とするかのごとく軽減してくれます。

そう、電車での移動にはその力を遺憾なく発揮しているのを知っていながらの、飛行機での使用というわけです。キニナルー。




飛行機でのBOSE QuietComfort20iの騒音低減レベルは?


さて、今回私が登場したのはデルタ航空の飛行機です。ちょっとどの形だったのか失念してしまったのですが、デルタ航空のサイトで見てみますとボーイング767のような気がします。国際線なので結構大きいですよね。

行きの飛行機ではちょうど真ん中の真ん中あたりに乗りました。エコノミーですが、デルタが用意しているコンフォート+という席です(ちなみにお金を払ってその席にしてもらったわけではありませんけどね)。

翼のちょうど横にあたりますので、騒音という点から言っても試金石となれるベストポジションでした。そんななかで使用したQuietComfort20iは……。

かなりの騒音低減を実現してくれました!

私はあまり飛行機に乗ることはないので、騒音がどれだけものかあまり知らなかったんですが、かなりうるさいもんですね。ノイズキャンセリングがないと、映画とかも全然聞こえないんじゃないかというくらい。

しかし、このQuietComfort20iのノイズキャンセリングを使用するとあら不思議、あんなにうるさかった騒音がスーッと消えていくではありませんか。

もちろんものすごくうるさい飛行機の騒音ですから、すべてを消し去ることはできません。この製品の性質上、高温部分はあまりノイズキャンセルしないという仕様のようですので仕方ないことかもしれません。ゴーッという音も若干ですが残ってました。

ただ、これをつけてから映画を鑑賞すると音がはっきり聞こえるんですね。これなら、映画好きで飛行機に乗る方には必需品となるでしょう。また、映画を見ていなくても、ノイズキャンセルだけを有効にしておけば可能な限りの静寂が待っていますので、気持ち良く寝ることも可能です。

はっきり言って、航空会社はこのQuietComfort20i(もしくはそれと同等の性能を持つ製品)を用意するべきですね。それくらいストレスが軽減します。

飛行機内での使用に関して


QuietComfort20iはイヤホンジャックで動きます。今回乗ったボーイングはジャックに対応していたので使えましたが、一部の飛行機では使えないという噂も聞きました。対応していない飛行機に搭乗することになったら、変換アダプタが必要になります。また、ジャックがあったとしても結構ユルユルで外れないか不安な感じもしました。

またバッテリーですが、フル充電で搭乗したところ行き帰りの8〜10時間はバッテリー切れを起こすことなく電源入りっぱなしで行けましたね。もちろん、行きと帰りの間で充電してますが。

ただ、最近の飛行機には USBの端子も付いていますし、充電切れを起こしても問題ないかと思いますけどね。

あとは、普段使いのときにも気になっているコントローラーデカイ問題ですが、これも飛行機内では結構邪魔っちゃ邪魔です。エコノミーは肘掛け部分にイヤホンジャックがあることが多いと思いますが、コントローラーが重いので下に引っ張られちゃうんですよね。もしかしたら、延長ケーブル的なものを持って行ってつけた方が気持ち良く使えそうです。


最後に


久しぶりの飛行機旅行でようやくQuietComfort20iを試すことができました。思ったよりも性能がすごくて、買った甲斐があったなぁと思いましたね。他の製品の使い心地はわかりませんが、少なくともQuietComfort20iは飛行機での使用に耐えられる性能ということが証明されてよかったです。

高かったですからね。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しております。 ぽちっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 アウトドアブログへ


0 件のコメント :

コメントを投稿