入笠山 初心者 行きたい山

行ったことはないが行ってみたい山、それが行きたい山シリーズ。

夏なので山に行くときは涼しくなりたいものです。標高の高い山は涼しいのですが、いかんせん、ハードルが高いことも多いです。

そんな初心者にオススメなのが入笠山です。

写真は入笠山の風景ではありませんよ。




入笠山の標高は1955メートル

長野県富士見町にある北アルプスの山です。標高は1955メートル。

頂上まで行くと地上とは12度気温が違うということになりますね、単純計算で。

35度の真夏日でも23度ですから、避暑には最適な温度です。

入笠山へは、富士見パノラマリゾートスキー場のゴンドラを使って1780メートルまで登ってしまうのが一般的な登り方。そんなお手軽な山だからこそ、我々初心者には人気があるのです。

春から秋にかけて色々な花や山野草が咲き乱れます。6月上旬から下旬にかけてのすずらんが有名ですが、それ以外の季節でも7月はレンゲツツジやアヤメなどがみられます。天空の花畑とはよく言ったですね。


入笠山のトレッキングはおおよそ3時間


ゴンドラで山頂駅まで行きますと、そこから5分ほどで八ヶ岳展望台に到着します。そこから15分も歩けば、山頂の巨大湿原、入笠湿原が広がります。45分ほどあるけばもう山頂です。

山頂からは八ヶ岳、中央アルプス、北アルプス、富士山まで眺望できる抜群の景色がひろがります。インスタの写真で見ても、絶景なのがよくわかりますよね!

山頂から40分ほど下ると、大阿原湿原です。この湿原をゆっくり1時間強あるけば乳笠山に戻ることができます。ちなみに、時期によってはこちらの大阿原湿原の横にある駐車場まで車で来ることもできるようです。マイカー規制等もあるようなので、ホームページでチェックは必要です。


まとめ


ゴンドラやリフトを使用するとお手軽に高い山に登れるのでいいですよね。

木曽駒ケ岳に行った時もそうでしたけど、日帰りで高い山に行けるのはとても素晴らしいので、早い時期に行ってみたいなぁと思っています。
スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しております。 ぽちっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 アウトドアブログへ


0 件のコメント :

コメントを投稿