登山用ハイドレーションを物色 欲しい物




昨日に引き続き、ハイドレーションについて考えてみた、もとい、購入候補を調べてみた。





物好きとしては、この調べる作業というのが一番幸せに他ならないんですよね。おいおい、こんな機能を持ったギアがあるのかい!?みたいな。

結局道具というのは、人間が不便だなと思うたびにアップデートを繰り返しているのであり、最新の道具が機能的には優れているのは間違いないわけで、その点は成熟しつつあるハイドレーションシステムも面白いものがあるのではないか、といったところなのですよね。





気になるハイドレーション


Camelback


まずはハイドレーションの元祖、Camelbak(キャメルバック)

かなりしっかりした作りで、車に踏まれても壊れないというのがウリのハイドレーション。ムービーには車に踏まれても問題ない様子が収められています。

モンベルのオンラインサイトより拝借

水の入れ口も大きく、給水しやすい作り。そしてなにより安いんですよねー。永久保証付きというのも心強い。

ただ、口コミやレビューサイトを覗いてみると、若干ゴム臭さが水についてしまったり、掃除がしづらいという指摘が目につきました。

また、本体は大丈夫なのですが、チューブのつなぎ目が劣化しやすく、水漏れがあったという報告もありますのでそこも保証してくれるのかは確認しておいた方がいいかもしれません。


Platypus(プラティパス)


キャメルバックの次に多く検索にヒットするのがこのプラティパスのハイドレーション。

プラティパスのサイトから拝借

こちらもハイドレーションの老舗で、キャメルバックと同じくかなりリーズナブルな商品です。縦長の形状をしており、最近流行りの縦長のザックにぴったりのハイドレーションです。

スライドジップを採用しており、補給部分から水が漏れることはまずありません。

また、飲み口にバルブがあり、不意に水が飛び出ることが少ないようです(若干はあるみたいなので、別売りでキャップがあります)。

一番いいのは裏返して洗えるというところでしょうか。裏返して洗えるので乾燥も早いですし、衛生的ですね。


GEIGERRIG(ガイガーリグ)


ハイドレーションを調べるまで知らなかったメーカーなんですけど、こちらの商品がかなり物好きとしては刺さるアイテムですね。

GEIGERRIGのサイトから拝借

点滴のような風貌ですが、それもそのはず空気を入れて空気圧で水を押し出すという画期的なシステムとなっております。そのおかげで、バルブに口をつけなくても水が飛び出るという仕組み。

サイトの動画を見ても、どちらかというと水が飛び出る方にフォーカスをあててるようにも見受けられます(笑)。ネタ的に作ってるとしか思えない!が、妙に気になっちゃうんですよね。





ろ過フィルターなんかも売られており、小川の水を汲んで飲んだりもできるという、まさに一般ハイカーには無駄な機能もあったりします。でもそういうところがいいんだよなぁ。

このGEIGERRIGも裏返して洗うことができるので衛生面も担保されております。うーん、欲しい。

デメリットとしては空気を入れ込むので、ザックの中で膨張すること(破裂することはないくらい頑丈ですので水濡れは心配ないです)。ポンプ部分が他のハイドレーションにはない部分なので邪魔なところ。そして、何より高価なところですね!


まとめ


他にもハイドレーションは色々あるのですが、一番のオススメはやはりプラティパスでしょうかねぇ。しかし、なによりGEIGERRIGが気になるんだよなぁ…。
スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しております。 ぽちっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 アウトドアブログへ


0 件のコメント :

コメントを投稿