尾瀬でハイキング 行程

週末尾瀬に行ってきました。


早速の尾瀬ショット

2016年6月ということで、例年なら見頃であるはずの水芭蕉ですが…。今年は暖かくなるのが早かったらしく、すっかりなくなっていました。

葉っぱの方もなんだか枯れ気味で残念な…。


ところどころ枯れている…。

暖かかったところに、急に寒気が来て霜が降りて枯れちゃったそうです。尾瀬にとって今年はあまりいい気候じゃなかったようですね。







6月の尾瀬のハイキングは暖かかった


梅雨入り後の最初の土日で尾瀬に入ったんですけど、幸いにも天候に恵まれ晴天に気温は28度くらいと絶好のハイキング日和でした。

上着を着ていったのですが、暑くてすぐに脱いじゃいましたし、レインウェアを用意してあればアウターはもう必要ないかもしれませんね。ちょっと寒い時はレインウェアを羽織りものとして使えばOK的な。



この通りの晴天で、観光客もたくさん来てましたよ!水芭蕉ないのにさ…。


尾瀬ハイキングのルート

駐車場について



この時期の尾瀬は人がわんさか押し寄せるために、交通規制が行なわれています。鳩待峠から尾瀬に入っていくコースが定番かと思いますが、マイカーでは鳩待峠まで行けませんので注意が必要です。

鳩待峠に向かう前に戸倉駐車場がありますのでそこに停めましょう。第一第二で530台駐車可能です。料金は1日千円。そこから乗り合いのバスとタクシーが出てますので、乗り換えて鳩待峠に向かいます。片道九百円です。

交通費だけで2800円取られますので結構いい商売だとは思いますが…。尾瀬を守るためだから仕方ないんですかね。職員の対応とか見ると、ちょっと病的なくらい徹底しているような気もしますが。

我々は7時くらいに第一戸倉駐車場に到着しましたが、2、3割の駐車率といった感じでした。

ハイキングルート


我々が歩いたルートは、

・鳩待峠〜ビジターセンター〜尾瀬研究見本園(軽く見る)〜尾瀬ヶ原

といった感じで回ってきました。

尾瀬ヶ原は、牛首分岐からヨッピ吊橋を回って竜宮十字路経由で戻って来るルートです。

歩く前は、8キロくらいのコースかなぁ、なんて言ってたのですが、計算してみると往復で17キロもあるんですね…。平坦な道なのになんか辛いなぁなんて思ってたのですが、そりゃいきなりこれだけ歩けば辛いですよね。

iPhoneの歩数計は31000歩になっていました!歩きましたねー。

疲れましたけど、その分すごい印象に残るハイキングとなりました。


めちゃくちゃ広大な湿原が広がります

まとめ


登山というよりはハイキング。走行距離もかなりありまして、歩きごたえがあります。でもアップダウンは尾瀬ヶ原に入るまでしかないので、子どもでも充分楽しめるかな。帰りはきっとおんぶとかする羽目になるとは思いますけど。

ちゃんとした見頃の季節に行けばもっと綺麗な風景が広がっていてそうで、あと1週間早ければなぁと思わずに入られませんでした。来年は水芭蕉が見頃の時期にリベンジしたいですね!
スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しております。 ぽちっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 アウトドアブログへ


0 件のコメント :

コメントを投稿