日帰り登山のご飯はおにぎりがいい理由 登山飯

基本的には私の登山は日帰りを基本としていて、泊まりや縦走などはあまり考えていません。というのも、休みが日曜だけという時があったり、土曜日は休みでも何かと電話が鳴るので登山に集中できないのです。

そんなわけで、日帰り登山しかやってきていないわけですが、山頂や山中でのご飯はどういうものを選ぶべきなのでしょうか?

メインはおにぎりですね!

さすがにこんなおにぎりは持ち運びが難しい…








おにぎりがお手軽です


私が登山の前に必ず買うのがコンビニのおにぎりです。中身はなんでもいいんですが、ノリがパリパリでおいしいんですよね。自分で作ったおにぎりもいいんですけど、ノリをパリパリで食べようとすると別に持ち歩かなければならず、ちょっと面倒です。その点、コンビニのおにぎりはおにぎりに密着しているくせに中身に触れていないという絶妙な包装のおかげで快適な状態で持ち運ぶことができます。

さて、なぜおにぎりがベストかというお話をします。

日帰りで行く登山というのは基本的にはその日のうちに登頂し、下山する行程を想定するかと思います。そうしますと、同じような行程を組んでいる登山者と多くかち合いますよね。

ようするに山頂がかなり混み合うということなんです。

さすがに山頂でご飯を食べることはあまりないとおもうのですが、山頂から少しおりたところにある開けた、いわゆるみんなが食事を取る場所も多分にもれず賑わっています。

みなさん器用にバーナーを使って調理をしたりしていますが、場所取りに負けてしまうとかなり不安定な場所でやらなければならず危ないわけですね。

その点、おにぎりは腰を下ろすことさえできればどこでも食べることができますし、なんなら山頂の狭いところですらぱくつくことも可能です。山頂で食事ができる唯一無二の存在なのです(パンとかでもいいけどさ)。


カップラーメンもいいよね


日帰り登山のご飯で二番目によく持っていくのがカップラーメンでしょう。

寒い山の上で食べるカップラーメンは最高です。このブログでも書いてますが、私はまだバーナーをもっていませんが、嫁の母がバーナーをある時購入しまして。一緒に登った際にカップラーメンを食べた時の衝撃が凄まじかったです。



磐梯山に登った時の話なのですが、この日は山頂で豪雨に見舞われて、その後に山小屋がある開けた広場に下りてきてご飯を食べたのですが、カップラーメンは暖かくてほっとしましたねぇ。

カップ系はバーナーで火を沸かすだけなので特に調理は必要ないですし、余裕があればお湯を魔法瓶仕様の水筒に入れて持ち歩けばバーナーも使わずに作成することができます。人がごった返すことが多い日帰り登山にはうってつけですね。

カップ麺のオススメは何と言っても、日清のカップラーメンカレー味です。山頂でカレーの匂いが漂う様は、まさに食事テロです。誰しもが次はカップラーメンのカレー味を持ってこようと思って下山すること請け合いです。

なにがいいって、おにぎりを併用すれば簡易カレーにもなるところが素晴らしいですよ。行儀悪いですが、カップ麺の中にご飯を投入してみてください。絶品ですから。


まとめ


そんなわけで、日帰り登山のご飯はおにぎりとカップラーメンで決まりです。

とか言って、バーナー買ったら180度意見が変わったりしてね…。



ビッグがお勧めです。
スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しております。 ぽちっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 アウトドアブログへ


0 件のコメント :

コメントを投稿