春登山に行きたい低い山 関東低山

4月も中旬に入ろうかというこの頃、だいぶ暖かくなってきて登山をするにはいい季節になってきました。桜はもう散り始めてしまいましたけど、この春登山をするならその季節にあった花を愛でたいものですよね。

とはいえ私もまだ今年は登山に出かけていません。花粉が終わったら、なんて思っているのですが計画だけは先に立てておきたいところです。そんなわけで、今日は関東低山を調べてみました。






なぜ春登山は低山なのか


初心者である我々は、春のうちは標高の低い山を選ぶのがベターです。暖かくなってきたとはいえ、山の上の気温は低いですから3000メートル級の山はまだまだ初心者に快適な条件とは言い難いでしょう。また、標高の高い山にはまだ雪が残っている可能性があり、山の気温も徐々に上がっていることから雪崩リスクがあるのですね。

日本雪崩ネットワークの情報発信は4月3日で終了していますが、初心者のうちから無理をすることはありませんからね。

探すと関東低山でも面白い山が出てきます。


面白そうな関東低山


高尾山


東京や埼玉付近に住んでいると、一番よく聞くメジャーな初心者用低山は高尾山でしょうか。



高尾山は標高600メートルほどでさすがに頂上まで行くとこの時期は肌寒いです。市街からすると3.5℃ほど気温が低いわけですからね。ただ、アクセスのしやすさや、ケーブルカーが整備されていることから、疲れたり寒いと感じたらすぐに離脱できる安心感から、この時期はやはりおすすめですね。

4月上旬から中旬にかけて山桜が咲き乱れているようです。ソメイヨシノが一気に咲いて一気に散るのとは違い、山桜、しだれ桜、八重桜と色々な桜を見ることができるので面白そうですよ。




御岳山


こちらは奥多摩にあるハイキングコース。標高は大体1000メートルくらい。

私も去年登りました(登るという表現が正しいかどうかは…)。





去年は夏に登ったんですねー。ブログも始めたてでたどたどしいです…。

おさらいしますと、JR青梅線御岳駅から歩いて45分ある滝本駅に向かい、そこからケーブルカーで御岳山駅に向かいます。ちなみに御岳駅から滝本駅にはバスも出ていますので、登山前に体力を使いたくない方々はバスにのることをお勧めします。というか乗った方がいいですよね。

車であれば滝本駅まで直接行けますので併設の駐車場に止められます。早めに行動して満車に当たらないように注意しましょう。近隣にも駐車場が結構あるので、そうそう満車にはならないと思いますが。

御岳山駅からグルッと3時間のハイキングが一番メジャーなコースでしょう。ロックガーデンと呼ばれる川の側をのんびりと歩けます。

4月はこちらも山桜が綺麗に咲いているほか、カタクリなんかも見頃のようですので景色を楽しめるハイキングになりそうです。



鎌倉アルプス


いろいろ調べた中で一番行ってみたいところがここでした。

なにせ低いです。標高が159メートルしかありません(笑)。高尾山や御岳山は注意点として寒くなってきたときに着る上着を持っていた方がいいと思いましたが、ここは街で着てた服のままでも大丈夫なくらいでしょう!

またハイキングコースの名前がいいですよね。「天園ハイキングコース」ですよ。なんて素敵な名前なんでしょうか。

建長寺からスタートするコースで全長は3.8キロほど。2時間ほどで歩き終わりますね。展望台から海も見渡すことができ、低山ながら眺望は最高ですね。まだこの時期なら綺麗に見れるかな?

春の花情報は特にありません…、というか鎌倉の花は6月の紫陽花に情報が集約されていて探しきれませんでした。無念。つまり6月ごろに行くのが一番いいってことですよね。


まとめ


簡単ではありますが、3つほど列挙してみました。個人的にも鎌倉アルプスは行こうかなぁと思っていますので、その時は別の記事を書いてみたいと思ってます。
スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しております。 ぽちっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 アウトドアブログへ


0 件のコメント :

コメントを投稿