bose quietcomfort 20i レビュー 開封の儀

今回は久々に物欲ブログです。去年の6月にBose QuietComfort 20が欲しい!という記事を書きました。


不意に入ったBoseの直営店で手に取ったイヤホンに衝撃を受け、物欲リストの最上位に位置していたわけですけども。

この度、冬のボーナスも入ったことだし思い切って購入しようかなー、どうしようかなーとまたまた半月くらい悩みました。

そして、

「そんなに悩むんなら買えよ!」

という嫁の一言により購入を決意。所有することに成功したのです。そして使い始めて半月、思った以上に素晴らしい商品でしたので開封の儀も含めて情報発信したいと思います。

購入したのはbose quietcomfort 20iで、iOS用のイヤホンです。通話もできるタイプですね。半年前に見たときより値上げしており、定価は37800円でした。たっけー。




bose quietcomfort 20i 開封の儀!


開封の儀なんていろいろなサイトでやっているので改めてやる必要もないと思うのですが、購入してみると意外とテンション上がってしまったので興奮冷めやらぬ中アップしてしまいたいと思います。

bose quietcomfort 20i
外装から
箱はかなり軽いです。イヤホンですから当然ですね。


スライドさせると中から内箱が登場です。青いパッケージは内蓋です。


内蓋を開けると中から黒いスポンジ状の保護シート登場。なかなか姿を現してくれません。


と思ったあっさりと登場。型にはめられているイヤホンはかなりがっちりはまっていて、一度Boseのイヤホンを断線している僕としては結構おっかなびっくり外しました。ちなみに、その断線したイヤホンは前回の記事にて5000円で修理したやつです。bose quietcomfort 20i 購入をきっかけに嫁に取られました。


さらに取り出すと、その下にはイヤホンを入れるポーチが登場です。大きさ的にはiPhone5sと同じくらいでしょうか。結構小ぶりです。ペラペラではなくしっかりした作りでした。


デザインはイヤホンと同様の色使いです。クールですねぇ。


付属品一覧です。 USBで充電するタイプで、2時間充電すると16時間使用できるようです。私はこまめに充電してしまうので、実際にどれくらいもつのかあまりわかりませんでした。充電が少なくなると、ランプが点滅して教えてくれるタイプです。スマホに表示はありません。

イヤーピースも標準でS,M,Lと用意されており、最初についているイヤーピースはMでした。昔買ったBoseのイヤホンよりイヤーピースの作りが変わっていて、よりしっかり耳穴にフィットします。先端の部分が変わったんですね。

私はMを使用していますので、使わないSを嫁に取られたイヤホンにつけたところかなり着け心地が良くなった印象です。密閉感が増したおかげで、これだけで遮音性能がアップしてますね。


取り出してみたところ。黒と青のストライプがかっこいいです。これで私も一目でノイズキャンセリングをしていることがバレてしまうようになりました。


これがノイズキャンセルを操作するモジュール部分。このスイッチを上にあげると電源がはいります。この小ささでノイズキャンセルを行っているのかと思うとびっくりしますが、操作する上でということで言うならば結構でかいです。100円ライターより一回り大きいくらいですが、イヤホンジャックから近い部分に存在するので、どうしても携帯を操作する際一緒に持たなければなりません。はっきり言って邪魔です。


ゴム製の表面にかっこよくBOSEと斜体で入ってますね。電池がなくなりそうになると、この電池部分がピカピカ点滅しますよ。

ちなみに、この商品は電源が入ってなくてもイヤホンとして動作しますので、充電がなくなっても安心です。欲を言えばイヤホンジャックから需給して充電不要にしてほしかったですね。


こちらがボリュームコントローラー。真ん中の黒いボタンが音楽の再生・停止ボタンです。その上下が文字通り音量の上下を担当しています。


この横についている青いボタンが、新機能の「Aware」モードに切り替えるボタンです。この辺りの話は次回に書こうかと思うのですが、あまり使用頻度はないかなぁと…。


通話に使用するマイク部分です。まだ試したことないので通話はどうなのか未知数です。昔使っていたイヤホンに比べると結構下の方に垂れ下がっちゃうので、通話時は口元に持ってこないと音をあまり拾えないかもしれないですね。


こいつがbose quietcomfort 20i のイヤーピースです。この先端部分が昔はなかったのでスカスカだったのですが、先端が出来たおかげでピッチリ耳にはまりました。素晴らしい。


裏側のマイク部分。ここで周囲の音を拾って逆位相の音を作り出しノイズを低減…。まぁあまりよくわかりませんが、こんな小さいマイクで全てを打ち消すんですから大したもんですよね。

bose quietcomfort 20i は箱を開けた瞬間から上がる!


そんなわけで、購入してしまったbose quietcomfort 20i 。

使用感は別記事で書きたいと思いますが、ほんとこれは最高のガジェットです。値段はたしかに張りますが、それ相応の機能だと思います。ここまでの性能はいらないかな?と思ってSONY製と聞き比べたりしましたが、性能に雲泥の差があり愕然としました。ノイズキャンセルに絶大な効果を期待しているなら、絶対にBose製品を購入するべきですね。

次回は使用感について。




スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しております。 ぽちっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 アウトドアブログへ


0 件のコメント :

コメントを投稿