モンベル イベント 鐘撞堂山 山歩き講習会<はじめての地図読み>

先日モンベルのイベント、山歩き講習会<はじめての地図読み>に参加してきました。

参加するまでの記事を何度か投稿していますが、ようやく終了したのでどんなもんだったか書いてみたいと思います。







はじめての地図読みはまさに初心者対象?


集合場所は寄居でした
登山に行ってみたいけど地図が読めない、そんな人たちに向けたイベントだったわけですが、ぶっちゃけ地図が読めなくても登山は出来ますよね。というのも、みんながよく行く山にはほぼ登山道が整備されていますし、初心者が向かう山というのはメジャー所で観光客もわんさかいます。みんなについていけば間違いはほぼ起こらないはずですからね。

そんなわけで、このイベントも登山やハイキングには何度か行っているけども、もう少し突っ込んで登山で使う何かを覚えたい。初心者向けだし参加してみようかな?という感じの人々が集まるイベントという感じでした。もちろん私もその一人です。

休日に紅葉を見に山に行こう!みたいな人は別段受ける必要がない講習かもしれないですね。こういっちゃあれですけど。そんなに安いもんでもないですし。

で、講習会がどうだったかというと、結論から言うとすげータメになりました。地図が読めない男代表としては、これだけ丁寧に説明してくれればそりゃ地図も読めるようになるし、面白いと思えますよね、ということです。


地形図が読めると登山の行程が驚くほどわかる!


25000分の1の地形図を使用しました(こちらは電子版)
幼少の頃、等高線や地図記号なんかを勉強しましたが、その時は全く見に入りませんでしたよね。なぜなら使い道がよくわからないから。

おぼろげながら覚えてた内容を記憶の奥底から掘り出しながら、イベントスタッフの言葉を聞いているとだんだん地図がどのように構成されているかわかるようになってきます。地図記号は自分がいる位置を特定するために使うのだ!とか、等高線の間隔からここからは急な道になるぞ!とか、目から鱗とはよく言ったもので驚嘆の連続でした。勉強ってしておくものですね。

一応<はじめての地図読み>でやる内容をさらっと書きますと、

  • 等高線の見方
  • コンパスの使い方
  • 整地の仕方、考え方
  • 地図と等高線からのルート指南
  • 隠れピーク
こんな感じだったでしょうか。等高線なんかは最初の机上座学前は線がいっぱい入ってるなぁ、くらいにしか見えなかったのに、座学後にはこんな風に地形がなっているのか!というところまでわかるようになりましたし、講習後は体感としてそれが確認できるようになりましたので、体験式の勉強というのは身になるなぁと改めて思いました。

いずれ地図の見方なんかも記事にしてみたいと思います。

当日の流れ


イベント当日の流れですが、ざっと説明しますと。

9:30
現地集合

10:00
体育館前のベンチにて机上座学1時間程度

11:00
出発

13:00
みんなでお昼ご飯

14:30
鐘撞堂山山頂 到着

15:30
下山

16:00少し前
解散

という感じの流れでした。

イベントの詳細に持ち物は記載されているのですが、散らばって書かれていますのでくまなくチェックしないと持参忘れを起こす可能性がありますね。

昼食は各自で用意するのですが、昼食を持参するかどうかは持ち物リストには載ってなくて、コーススケジュールに書いてあったりします。お昼タイムがあるので、必ず昼食は持っていくことをオススメします、というか必須です。

お昼休憩は時間が押してしまうとあまりとれないのですが、予定としてはちゃんと組み込まれていますのでバーナーなどを持って行ってコーヒータイムとかをしても問題ないです。上記の内容を見ても分かる通り、当初は15:00下山予定だったのが1時間押してしまっていますので、そこは一緒に行くパーティーによって変わってきてしまうのかなぁと思いました。

また、参加者ですが、最大参加人数が6人です。そして驚愕したことに、私以外の参加者が全員女性でした。ガイドのお二方が男性でしたので良かったのですが、ガイドにも女性の方がいるそうで、もしかすると男女比率がかなりおかしなことになる可能性があったわけですねー。

もともとこういうイベント系は女性のほうが参加率が高いのかもしれませんけどね。男はあまりこういうことに金を出さないような気もするし…。


まとめ


私にとってはかなり有意義な講習会となりました。普段は身内としか山に登らないので、全然面識のない人たちとひとつのパーティーを組むというのもいい経験になりましたし、楽しかったですね純粋に。まぁ相変わらずの人見知りぶりは発揮してましたけど。

地図読みに興味がある!という人にはうってつけのイベントだなぁと思いました。興味がある方はモンベルのサイトを見てみてください。


コンパスはこれを使いました。
スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しております。 ぽちっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 アウトドアブログへ


0 件のコメント :

コメントを投稿